AIZENリード合わせ備忘録

AIZEN にはどのリードが合うのか試しています。
まずは Vandoren 4種 →
[Traditional] [JAVA] [V16] [Jazz] の3番と2.5番を全て買ってきて合わせてみました。リガチャーはハリソン(EXT処理)。

AIZEN7番 = 2.5番のリードが吹きやすい。軽く吹きたい時や練習の時など。本番など思い切り吹くシチュエーションの時にはリードが負けちゃうので固めを選ぶか3番を付ける。イージーに吹くときは [Jazz_2.5番] か [JAVA_2.5番]、ちょっと芯が欲しいときは [Traditional_2.5番]。

AIZEN5番には3番のリード。2.5番に比べリードを選ぶようになるので育てるの前提かも。もちろん2.5番でもいけるけど芯があるのは3番なので好み。こちらには [Traditional_2.5番]が好みだったかな。[JAVA_3番]の中に当たりリードが合って、これが最高にご機嫌だったけどやっぱり10枚に1枚の確率なので経済面と、他の9枚のリードを育てたり削ったりする時間を考えると2.5番でイージーに合わせるかな…?

ちなみに家に転がってた他のリードも合わせてみたけど…
・アレキサンダーDC3番 = 音が出ない(2.5番なら出るかも)
・RICOロイヤル3番 = 音が出ない(2.5番なら出るかも)
・Wood Stone 3番と2.5番 = 好感触!

なぜ Vandoren かというと、老舗だから。愛用していた アレキサンダーDC はある日突然 Tip のカットが変わって別モノになってしまってすごぉぉくすご〜く困った。だから今後はなるべくモデルチェンジの無さそうなリードを使っていきたいなぁという心意気の結果ですな。あのしなやかさはもう手に入らないのだろうか。誰かリード制作を考えている人がいたら喜んでモニターになるんだがなぁ…

クラシック方面でも グロタン がもの凄くしなやかで流行った時期があったそうですがやっぱりカットがある日突然変わってみんなやめた、という話も聴いたことあり。良いモノってなんでなくなってゆくのかなぁ…。

あ、そんな中で Wood Stone のリードはかなり好印象です。しなやかで材質が良くてばらつきが少ない。メイヤータイプのマウスピースに最適化された Tip 形状をしています。何事も研究熱心な石森さんのこだわりが感じられますなぁ、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です